メインイメージ

月別の中古車相場

月別の中古車相場をチェック

中古車相場なんていつだって変わらないと思うかもしれませんが、そんなことはありません。
実は月別、季節ごとで大幅に変わることがあり、その変動を見ながら絶妙な売り時期をとらえる必要があるのです。
もちろん月や季節だけではありません、決算時期や車種ごとに相場が変わることもありますし、その他、社会的・経済的なさまざまな事情によって中古車相場は変動していくものです。
月別に見ていくと、例えば1月はどうでしょうか?
1月は、全体的に中古車相場が落ちる時期といえます。
なぜかといえば、年末のクリスマスや正月などでお金を使いきった後の月ということになり、車に対する消費者の需要が落ちるからです。
その動きに従って中古車相場も落ちることになります。
では2月はどうかといえば、2月も相場は落ち込む時期といえます。
1月における経済活動をそのまま引き継いだような時期であり、卒業や引っ越しシーズンの前ということで、車への需要がそれほど高くならないからです。
そういった消費者の動きに合わせて、やはりこの時期も相場が落ち込みます。
ならば3月はどうか。
3月は1年の中でも非常に相場が上がる時期です。
この時期は卒業や入学、引っ越しなど、新生活スタートに向けた経済活動に合わせて車の需要も伸びる時期なのです。
それに呼応して中古車の相場も上がっていきます。
春先は車がよく売れるというのは、業界の常識となっています。
4月になると、相場はいったん落ち着きます。
3月に需要が伸びるその反動といえる時期にあたりますが、中古車の相場もそれほど高くはなりません。
5月6月も、4月の相場状況と同じような流れを引き継ぎます。
この時期もやはり3月ほどの相場の伸びはありません。
夏のボーナス時期である7月はやや需要が伸びる時期といえます。
しかし、昨今は貯蓄傾向が強いため、冬のボーナスや3月の需要ほどにはなりません。
8月も似たような流れを引き継いだあとの、9月。
9月は3月と肩を並べて車がよく売れる時期です。
つまりこの時期も中古車の相場があがります。
その理由は、この9月期に自動車業界が決算期を迎えるためです。
新車販売に力を入れる時期であり、車の買い替えをする方が一気に増える時期でもあります。
そして10月にまた相場が落ち着いて、11月、12月と落ち込み傾向が続き、最も底になる1~2月へ。
というような相場の動きが続いていきます。
まとめますと、1年で最も中古車相場が盛り上がるのが3月と9月。
落ち込むのが冬場。
特に1月~2月ということになります。

Copyright© 2014中古車相場は季節的な要因もあります All Rights Reserved.