メインイメージ

中古車相場は年式で変動

中古車相場は年式でも変動します

中古車相場は常に変動しているものですが、欲しい人がいるから売却する人がいるという需要と供給という考え方が相場の基本となっています。人気のある車種の価格が高騰する原因には供給が追いつかないことで発生しますので、中古車相場は常に変動している点を意識する必要があります。需要と供給のバランスが保たれている車種は、人気に左右されず安定した価格を維持しますが、相場を決める要因には様々なものがあります。下取りを利用したことがある人であれば、査定額の算出方法をある程度把握しているはずですが、価格に影響してくる部分には走行距離があります。走行距離は車種ごとに標準が定められていますが、月1000kmが大凡の目安となります。標準的な中古車相場から走行距離の状況によって価格が変動してくるのです。車は所有者がどのような使い方をしたかを判断することが難しいという側面を持っていますので、走行距離が車両のコンディションを判断する目安となっているのです。走行距離の他に価格を左右するのが修復歴があるかないかになります。修復歴があれば標準的な中古車相場から減額されることになりますし、コンディションが良ければ加算されることもあるのです。走行距離や修復歴は使用することで変動する原因を作ってしまいますが、中古車相場を決める最大の要因が年式となります。基本的な相場は年式を元に算出されていますので、コンディションにかかわらず年式によってある程度価格は決まってくるのです。相場には新車ディーラーが利用しているものと中古車販売店が利用しているものでは内容が異なるという特徴があります、新車ディーラーでは年式を元に基本的な価格を定めた冊子により価格を決めています。一方で中古車販売店で利用している中古車相場は、オークションの相場を基準としているという違いがあります。ですから一般的に買取専門店のほうが高く売却できると言われているのです。他にも為替相場が影響を与えることもありますし、社会情勢や自然災害によって相場が変動する場合があります。基本的には製造年月日によって相場が決められていますが、需要と供給が中古車販売の基本になっていますので、基本的な相場を超える価格で取引されることもあるのです。中古車相場は常に変動していますが、人気のある車種ほど変動の幅が大きいという特徴があります。ですから、中古車の売却でも購入でも時期を見極めることが大切なのです。

Copyright© 2014中古車相場は季節的な要因もあります All Rights Reserved.